産後の骨盤矯正について

出産後にこんなお悩みはありませんか?

  • 出産前に持っていたズボンが、全部はけなくなった
  • ちょっとしたことで尿もれする
  • 尾てい骨付近が痛む
  • 自慢のスタイルが崩れて戻らなくなった
  • 出産してから肩コリ・腰痛がひどくなった
  • 恥骨・股関節付近の痛みがひどくなってきた

出産後しばらくは赤ちゃんのお世話にかかりきりで、自分のことは後回しというお母さんが多いのではないでしょうか。慌ただしい日々の中、痩せない、太りやすくなった、肩コリや腰痛がひどくなった、冷えやむくみが辛いなど、さまざまな不調に多くの方が悩まれています。

出産後の骨盤とゆがみについて


出産するときは、胎児が安全に通れるよう、産道を広げる必要があります。
そのため妊娠後期になると、リラキシンというホルモンが分泌され、その働きで骨盤や骨盤周囲の関節や靭帯がゆるみ、出産の準備が整っていきます。

出産が無事終わると、おおよそ6ヶ月かけて、徐々に緩んだ骨盤が元に戻っていくのですが、赤ちゃんの抱き方や授乳時の姿勢、生活上のクセなどから骨盤周辺の筋肉がアンバランスな状態で緊張し、骨盤が正しく閉じない状態になっているため、自然に元の状態に戻ることは難しいと言われています。

骨盤がずれた状態では、内臓の位置がずれ、血液やリンパ液の流れが滞るため、代謝が低下し、生理不順や冷え・むくみを招いたり、下半身に余分な脂肪がつきやすくなったりします。

また骨格のバランスが崩れることで、肩コリや腰痛が発生したり、股関節の痛みを招いたりします。骨盤のゆがみから来る症状は、産後の骨盤矯正によって改善が期待できます。

産後2〜5ヶ月は骨盤矯正の大チャンス!

出産1ヵ月後くらいからなるべく早く骨盤を調整する方がよい、ということは多くの方がご存知だと思います。この時期は、リラキシンというホルモンの影響で骨盤が緩んでいますので、矯正の効果が出やすく、正しい姿勢を定着しやすい時期でもあります。

この時期が産後の骨盤を整える最大のチャンス!

バタバタと育児や家事に追われ、気がついたら骨盤のケアをしないまま、この最大チャンスを逃がしてしまった!ということがないようにしてくださいね!

6ヶ月を過ぎたらもう手遅れ?!

いえいえまだ大丈夫です!

産後6ヶ月〜12ヶ月は、リラキシンの分泌が少なくなってくるので、徐々に骨盤が固まり始め、産後2~5か月と比べると骨盤矯正の効果は出にくくなりますが、まだリラキシンの影響が残っているので、ゆがみを整えるのに遅いことはありません。

ここまでに矯正を受けて骨盤のゆがみを整えておくと、産後の体型崩れを未然に防ぐことができます。出産後6ヶ月、あるいは1年経過したからといって諦めず、骨盤矯正にチャレンジしてくださいね!

名古屋市で産後骨盤矯正は、豊富な経験と実績のある当院へ

あおぞら整体院の産後骨盤矯正は、骨盤周辺の筋肉の緊張を取り除きます。腰や骨盤周辺など痛みがある場所を直接アプローチするだけではなく、ゆがみの根本原因を解決することが目的です。根本原因がなくなることで、痛みや違和感などの不調が速やかに改善されます。

施術後は、「肩コリや腰痛、股関節の痛みがなくなった」「身体がしっかりして安定感が出た」「ウエストが引き締まった」「猫背が改善されて姿勢が良くなった」など、全身に良い変化があらわれます。出産からかなり時間が経過しても症状と悩みを改善できますので、施術後は症状の再発を防げ、元気で健やかに日々過ごせるようになります。

心に余裕が生まれ、ママさんライフが楽しくなります

あおぞら整体院の産後骨盤矯正を受けられた患者様は、痛みと違和感が改善されるのと同時に、「血流が良くなり、身体がポカポカする」「育児が楽しい!!!」「ダイエット効果がすぐに出るようになった」「身体を動かすことが楽しくなった」など心と身体に余裕が生まれ、毎日を楽しく過ごされる方が多いです。あなたも産後の疲れや不調をリセットし、素敵なママさんライフを手に入れてください。