整体の効果を高めるには

ここでは、整体を効果的に受けていただく方法について書いています。どうすれば施術効果を高めることができるのか、最後までしっかりお読みください。

整体の効果が出やすい人

1.身体の変化に関心がある

施術を受けられた後は、ご自分の身体の変化に関心を向けてください。

例えば、

  • 痛みはどの程度軽くなったのか
  • 身体の不快感は何割楽になったのか
  • 今までできなかったことができるようになった…など

痛みの強さや症状の程度など、施術前と比べて今はどうなのか、違いを意識することです。

たまに、症状が軽くなって良くなってきているのに、「だいぶマシだけどまだ痛い」「そう言えばこちらも具合が悪い」などと、痛みや症状のことばかりをずっと気にかけている方がおられますが、そういう方は回復が遅れる傾向にあります。

皆さんも「プラセボ効果」という言葉を聞かれたことがあると思います。有効成分が含まれていない薬剤(偽薬・プラセボ)によって、症状の改善や副作用の出現が見られることですが、人は例え思い込みでも、思い・意識を向けた方向に身体が反応しやすくなります。不安や心配の思いで身体にストレスをかけることなく、「良くなっている!大丈夫だあ!」というぐらいの、プラスの思いや意識を向けることが、良い効果を出し続けるためには大切なのです。

2.焦っちゃダメです!

施術後、お身体は改善の方向に向かって行くのですが、お身体の変化は、まっすぐ坂を登るように毎日目に見える形で表れるとは限りません。何も変わっていないようでもお身体の内部では一生懸命傷んだ箇所を修復していて、数日ごとに階段を昇るように一段ずつ回復していく、と言えば分かりやすいでしょうか。

ですから、痛みやつらい症状を「何とか早く治したい」「1回で楽にしてほしい」と焦ってしまうと、せっかくお身体は頑張って良くなってきているのに、焦った思いやストレスで逆に回復を遅らせることになってしまいます。

問題なのは、痛みが軽くなったり無くなると、ぱったりと治療を止めてしまうことです。痛みが強い人は、症状も重く慢性化していますから、遅かれ早かれ症状はぶり返すことになります。時間が経てばさらに症状は悪化していますので、治癒するまでの時間がそれだけ余分にかかってしまうことになります。だから受診間隔が少し空いたとしても、止めないで続けることが、結局はお身体にもおサイフにもお得なのです。

「痛み」「不快感」のない健康的な生活を送るためには、普段の生活習慣を見直し改めて行くことが大切です。焦らずしっかりと時間をかけ、人間本来の自然治癒力を取り戻し高めていくことが、10年後、20年後の薬に頼らない生活を送るための重要なポイントになります。

3.来院間隔や指導を守る

特に初診の患者様は、施術の効果を継続させるために、当院の治療計画に従ってご来院ください。

当院の整体は、初回から施術効果を出すことを目的としておりますが、患者様のお身体が安定した状態で落ち着くまでには、ある程度の期間を必要としています。
その間、来院間隔がかなり長く空いてしまったり、症状が酷くなったときだけ来院する、ということでは、また一から始めなくてはならなくなり、治療が長引くことになってしまいます。

施術後の良い状態を維持していただくため、日常生活に活かせるアドバイスも行っております。しっかりと取り組む患者様の方が、回復スピードが格段に早い傾向にあります。

整体の効果が出にくい方

1.なにかあるとすぐ薬を飲む

当院の整体は、患者様の自然治癒力を引き出すための施術です。薬を習慣的に服用されている場合は、効果が出にくいことがあります。

一時的な服用はやむを得ませんが、薬の常用は、腎臓を始め内臓に大きな負担をかけ自然治癒力を低下させます。そして身体を固くしてしまうのです。身体が固くなると、さらに内臓の働きが悪化し、血液やリンパ液の流れが滞り体温が下がるため、病気になりやすくなります。

健康的な身体は、どこにも無理な負荷のかかっていない、リラックスした状態です。薬の常用は、健康な身体を作ることとは真逆の行為になります。病気がイヤで薬を飲むのに、逆に病気を作っているとは皮肉なことです。

医師からの指示のある方は、医師とご相談のうえ調整いただければと思います。

2.自分から行動しない

いまの痛みや症状は、それまでの生活習慣の積み重ねの結果で起こっています。
「今の病気は10年前の生活習慣が原因」と言われますが、これからの10年、20年後のために今の生活を見直し改めていく努力が大切です。偏った食生活や生活習慣の乱れ、過度なストレスなど、お身体に負担をかけ続けていませんか?

丈夫な家を建てるためには家づくりの土台を作る基礎工事が大切なように、健康的な身体を作るためには、健康づくりの土台となる生活環境を良いものにしておく必要があります。乱れた食生活や生活習慣のままでは、施術で一時的に症状改善はしても、すぐに元に戻ってしまうことは容易に想像いただけると思います。

自分の身体は自分で治す、という意識を持って取り組まれれば、自ずと考えや行動も変わってくるものです。

3.どうしてもマイナス思考になる

心と身体は不即不離です。怒りや悲しみ、不安、緊張などの強いストレスがある場合、どうしても施術効果が出にくくなります。

施術によって一時的にある程度の回復は見込めても、日常的な緊張状態や強いストレスなど精神的な要因によって身体は固くなり、症状を再発させてしまいがちです。これはご自身の状態や置かれた環境を変えない限り、これからもずっと続くことになります。

そこで、心と身体をリラックスできる、あなただけのアイテムを持たれてはいかがでしょうか。
お気に入りの音楽やドリンク、芳香剤などもいいですし、気分転換にドライブやスポーツ、買い物やグルメなどもオススメです。あなただけのリラックス必勝パターンを作りましょう!

薬に頼らない、「痛み」「不快感」のない健康的な身体を取り戻すために、ぜひ当院の施術をお試しください。