足首の捻挫について

その足の捻挫大丈夫ですか?

皆さんの中で、足首の捻挫をした時にはちゃんと受診して治療をした、という方はどの程度いらっしゃいますか? 捻挫直後はものすごく腫れて痛みも出たけれど、数日冷やして安静にしてそのまま普通に生活していた、という方がほとんどではないでしょうか。

足首の捻挫が起こる構造的原因

足関節及び足部の捻挫は、発生頻度が高い外傷のひとつです。原因として、足関節が構造的に内側にひねりやすくできているためであり、怪我も内側で起こることが多いのです。足首に内側にひねる過剰な力が加わると、足首の外側が伸ばされて外くるぶしの前方と足の距骨をつなぐ靭帯が損傷します。ひねる力がさらに強ければ、足首の別の靭帯をさらに損傷します。

足のひねり方によっては、足首の内側の靭帯や足の甲の部分の靭帯を痛める場合もあります。また、怪我の状況によっては靭帯だけではなく骨折することもあります。靭帯が断裂するかわりに靭帯の付着する骨の表面が剥がれる剥離骨折を起こすこともあり、怪我の放置によって後遺症を残す場合もあるので要注意です。

症状

足関節や足の腫れや痛みによって歩行が困難になります。外見的には損傷部分の炎症により大きく腫れてきます。また皮下出血により色が変わります。時間の経過とともに腫れや変色は広い範囲に広がってきます。
靭帯が完全に断裂した場合は、関節を支えられなくなり不安定になります。「ひねりグセがついた」ように捻挫を繰り返したり、関節表面の軟骨を損傷したりして、日常生活にも障害をきたすようになります。

あなたは原因不明の足の痛みはありせんか?

過去に大きな捻挫を経験したことがある方は、痛めた足をかばう姿勢から重心を崩して歩いている可能性が高いです。

人間の身体は全身でバランスを保ちながら動いていますので、悪い足をかばって歩いていると、反対側の足や股関節を痛める方も多いのです。踏ん張れない足を反対側の足でかばい、バランスを取るために身体をねじ曲げながら歩いていたり、普段の動きと違う筋肉や関節の使い方をするため、過度な負荷により筋肉や関節を痛めてしまうのです。

一度バランスを崩した姿勢は、意識して調整しなおさないと、クセとして定着してしまいます。

それは、人間は身体の状態が悪いなら悪いなりにその中でベストを尽くそうとするからです。正しい姿勢に戻さず、現状の中で努力するのです。脳もその悪い状態が正常だと認識するようになります。そうすると外から意識して身体を調整してあげないと、自発的に身体がよくなることはありません。

時間の経過とともに過度の負荷を受け続けた筋肉は、疲労に耐えきれず悲鳴を上げることになります。発痛物質を出し脳にSOSを発信するのです。ですので、痛みを感じるようになった頃にはその箇所はかなりの損傷を受けていることになりますので、完治までには相当の時間を要することになります。

足首は大地から身体を支える最初の重要な関節です。ここをしっかり治療した上で崩れたバランスを正しく戻してあげる必要があります。

冷えると古傷が痛む、足が痺れる、膝が痛い、股関節が痛い、姿勢が悪い、といった身体からのSOSの原因が昔の足の捻挫を放置していたことかもしれません。

今までなんともなかったから、治療をしたことないから分からないではなく、健康的な生活を送るために、ちゃんと身体を治療してあげてくださいね。

気になる方は、ぜひ一度ご相談ください ( ̄▽ ̄)/